薬、病気の話

血管収縮剤が入っていない点鼻薬一覧。副作用で依存しない選び方【花粉症・アレルギー性鼻炎】

多くの種類の点鼻薬には、血管収縮剤と呼ばれる成分が含んでいます。
血管収縮剤は鼻づまりに対してすばやく、そしてよく効きます。

しかし使い方によっては
薬剤性鼻炎(薬剤性肥厚性鼻炎、点鼻薬性鼻炎)を引き起こし、鼻づまりをよけいに悪化させます。

結果的には血管収縮剤を常に使っていないと苦しくなり、
点鼻薬を手放すことができなくなってしまいます。(依存)

 

使いすぎによる副作用の原因となる成分名は以下のいずれかがほとんど全てです。

  • 『ナファゾリン』
  • 『テトラヒドロゾリン』
  • 『オキシメタゾリン』

つまり、これらの血管収縮成分を含まない点鼻薬を選択することが、副作用を防ぐことになるわけです。

【関連記事】ネットで買える、眠気の少ない花粉症の薬(抗アレルギー薬)を厳選しました↓

【薬剤師厳選】眠気が少なくネットで買えるおすすめアレルギー薬ベスト5と選び方 #花粉症 #アレルギー性鼻炎 #アレグラ #アレジオンこんにちは。 ハルガヤというマイナーなアレルギー所有!薬剤師の溺愛ダディです。 「ごたくはいいから薬を見せろ!!」と...

 

依存性なし:血管収縮剤が入っていない点鼻薬一覧

鼻粘膜の炎症を抑えるステロイド、鼻水を抑える抗アレルギー薬が主な成分です。

クセになる血管収縮剤が入っていないからと言って、もちろん何度使ってもいいというわけでは決してありません。
適切な用法で使用しましょう。

 

OTC(ドラッグストアで購入できる薬、市販薬、一般用医薬品)

ステロイド(ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)

 

抗アレルギー薬(ケトチフェンフマル酸)