子づくりしましょ

出産後をきっかけにセックスレスになりたくない!解消のためのたった1つの行動とは

ごきげんよう、溺愛ダディ(@dekiai_daddy)です。

育児に励む世のパパよ、最近セックスしてますか?

…してる?
よろしい。さがっていなさい。

…なに、してない?
いかんな。

したいでしょう?ダディはしたいぞ。ワイフとはいつまでも男と女でいたい。

出産を境にご無沙汰のパパ、奥さんと毎日キスしていますか?

出産をきっかけにセックスレスになる要因

出産をすることで男と女はパパとママになります。こども中心の生活となり性活も変化します。

おっぱいを奪われる

あんなに愛でていたおっぱい。残酷にもこどもに奪われてしまいます。

授乳で吸われかじられて疲れ果てた乳首はヒリヒリと敏感になり、触らせてもらえません。乳房部分に触れようにもカチカチに張って痛がり、しまいには母乳が飛びだします。

スキンシップ、前戯としてのパイタッチは失われてしまうのです。

ああ、わたしのおっぱいが!!(ちがう)

こどもの目が気になる

ダディは見られるのはキライじゃないタイプですが、視線が気になるとその気になれない人も多いです。

同じ空間にこどもがいると気になってしまい、行為に至れないどころかイチャイチャすらできない。

そりゃセックスレスにもなりますわ。

https://dekiaidaddy-jiritsu.com/sex-itsudoko/

セックスレス解消の第一歩

毎日触れよう

セックスレスのはじまりは、スキンシップの減少からだとダディは考えます。

相手に触れることが特別な行為になってしまうと、セックスなんてかなり遠い存在になってしまいます。危険信号です。

反対に考えて、毎日あたりまえのように触れ合いスキンシップができていればセックスは身近な存在であり続けます。
セックスレスの足音が近づいて来ることはなくなりそうですよね。

毎日キスしよう

習慣的にできるスキンシップ。それはズバリ「いってきますのキス」です。ベッタベタであほらしいでしょうと感じるでしょう?笑

ダディはある日から

溺愛ダディ
溺愛ダディ
これからは毎日家を出るときにキスするぞ!!

と唐突に宣言しました笑

どんなに朝バタバタしていても、家事のことでお互いにイライラしてあまり話をしたくないようなときも、必ずキスを欠かさないルールです。

「ルール化してしまうとキスに新鮮味がなくなるんじゃない?」と感じるかもしれませんがぜんぜんそんなことないです。毎回ドキドキしますしもっとしたいと思います。わたしだけ?笑

いってきますのキスのメリット

いってきますのキスを継続して感じるメリットを紹介します。

自然にスキンシップができる

キスをするためにはカラダを限りなく近づけなくてはなりません(あたりまえ)

チャンス!!

いろいろ触りましょう。うーん、とっても自然。キスからの流れでスキンシップをあたりまえの行為にできます。

前述したようにおっぱいをもむと母乳を浴びることになるので他の部分をさわさわしてください。

こどもに見られても大丈夫になる

日常的にキスしていると
「こどもに見られたら恥ずかしい!」
みたいな感情も減っていきます。

なんならこどもともいってきますのキスをしましょう。

なんか良くないですか?家族でキスしてるのって。コミュニケーションのひとつですよ。

いざというときに緊張しない

夜のご無沙汰が続くといくら親密な夫婦でもいざというときにけっこう緊張するものです。
「どんな感じにしてたっけ?」
と戸惑って初めてのエッチみたいになるかもしれません。

ふだんのスキンシップが豊富だと本番での緊張は少なくなるはずです。

まぁ、「新鮮味があって逆にドキドキしていい」って意見もアリだと思います笑

まとめ「千里のセックスもキッスから」

セックスレスが心配、なりたくないと悩むパパはまずは日々のキスをおすすめします。

一番ハードルが低いのが行ってきますのキスです。

照れくさく感じるかもしれませんが、
キス以上のことをしてきた仲なんですから気にすることはありません。
開き直って毎日の習慣にしてしまいましょう。

家を出たあとのゆううつな気分も晴れて一日を楽しく過ごせますよ!
今夜いいことあるかも!