育児向上topic

罪悪感なんかいらない!メリットいっぱいの一時預かりでリフレッシュしよう

ごきげんよう、溺愛ダディ(@dekiai_daddyです。

いくらこどものことを世界一愛していようとも、疲れるときは疲れますよね。
ストレスで「あ゛゛ーーーっっ!!!」っとなってしまうこともあります。
家のことをすべてを放り投げて、光の届かない深海で貝になってたたずみたくもなります。

しかたないよね、にんげんだもの。

いい育児にはいいメンタルが不可欠

ダディがいつも意識していることは、

溺愛ダディ
溺愛ダディ
いい育児をするためには親のストレスを最小限にしてメンタルを保つべし

ということです。

親がイライラしていては、理不尽にこどもに強く当たってしまったり怒るべきではないことで叱りつけてしまったりしやすくなり、自分が思う育児を平静で行うことができません。

また、親のイライラがこどもにも伝染したりします。こどもってそういうところに案外ビンカンなんですよね。

なので、ダディもしくはワイフがストレスたまってるな、と感じたら積極的にリフレッシュするようにしています。たとえそれがこどもを振り回すことになってでもです笑

親がストレスレスであることが、結果的にこどもに対してもいい影響を与えるわけです。

リフレッシュは自分のため?NO、家族のため

リフレッシュしたくても、こどもから離れられずどうしようもない状況のほうが多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが一時預かり(一時保育)です。
その名の通り一時的に保育園などに預けられるシステムで、親の仕事や家族の病気など特定の理由が必要な施設もあれば、
理由不問で親のリフレッシュなどに活用できる施設もあるのです。こいつはうれしー。

ママ
ママ
こどもを預けて私だけリフレッシュするなんて・・・

なんて考える必要はありません。

親がつぶれてしまったら家族もろともつぶれます。
育児どころではありません。そこは開き直って、「いい家族づくりのための前向きなリフレッシュ」としましょうよ。

メリットたくさん。一時預かりの活用方法

リフレッシュ、というのを目的として一時預かりの説明をしてきましたが、いろいろなメリット、活用方法もあります。

ひとりの時間を作れる

こどもがいると行ける場所、できることに制限がかかります。

あたりまえのように行けていたところに行けなくなることに、こどもができてから気づきます。

  • 静かなカフェでまったり
  • 行きたかったあのお店でゆっくりショッピング
  • おしゃれな美容室
  • 授乳が終わったら脱毛
  • 思い切ってエステ

一時預かりを使って行っちゃいましょう!!(ダディなら子連れで行けないラーメン屋に行きます笑)

👇エステ行っちゃう??

ふたりの時間を作れる

パパママのふたりだけの時間を作ることだってできます。

この時間はパパママであることを忘れてただの男と女にもどりましょう。そんなふたりがなにをするのか・・・。ナニをするのか。

【SEX】寝室がこどもと同じ夫婦はいつどこでセックスするの?3つの解決方法を紹介しますごきげんよう、溺愛ダディ(@dekiai_daddy)です。 タイトルの通り、という問題です。 匿名なのをいいことにあけっぴろげな記...

結婚記念日に一時預かりを利用して、ランチデートなんてのもいいですね。ダディは鉄板と天ぷら屋にデート行きました。(ノロケ)

保育園入園の慣らしができる

新米ママ
新米ママ
保育園決まったけどうちの子うまくやれるかしら・・・

保育園という名の新天地に適応できるのかどうか、入園前はけっこう心配なものです。

そこで、試しに一時預かりを利用してみましょう。普段とは異なる環境で家族以外の人と接することに慣れておくことができます。

一時預かりの施設に何年も通うわけではないので、
もし合わなければ他に行けばいいし、預けてる途中でも迎えに行って帰っちゃってもいいんです。
気を使う必要はなし!一期一会!(ちがう)

気軽に試せるうえに、こどもにとってもふだんとは異なる環境に触れていい経験になるので、利用する価値はあり寄りのありです。

緊急時の練習になる

たとえば急な用事で一時預かりを使わざるをなくなった!!

こんなとき、初めての利用だとわからないことが多いのでいろいろと手間取る可能性がたかいです。

「え?!これも荷物に必要なの!あ、手続きに必要なあれ用意してない!!ひーー」

こんなことにならないよう、余裕があるうちに一度利用しておくのが効果的です。

一度経験すれば要領はつかめます。
知ってるのと、やったことあるのとは月とスッポンです

一時預かり施設を検索してみよう

一時預かり  ◯◯(地域名)

「一時預かり  ◯◯(地域名)」で検索すると施設をみつけることができます。

厳密な定義は不明ですが、
一時保育=親の仕事や病気など理由がある場合、
一時預かり=親のリフレッシュなどの理由でも利用できる、というニュアンスであることが多いようです。

リフレッシュなどを目的として施設を探す場合は、
一時保育ではなく一時預かりをキーワードとして検索すると良いでしょう。