おすすめグッズ・食品

米国皮膚科学会も推奨!ワセリンの5つの使い方

aag

米国皮膚科学会の「ワセリンの5つの使い方」という記事です。

1.皮膚の乾燥を和らげる(唇やまぶたもOK)

2.創傷治癒を助ける

3.衣服や皮膚同士のこすれを防ぐ

4.おむつかぶれを治す

5.爪磨きで爪が弱るのを防ぐ

ワセリンは安価なクセに効果的で使い勝手がいいのです。

参照記事:5 ways to use petroleum jelly for skin care-American Academy of Dermatology(米国皮膚科学会)


ワセリンの良い点として、

  • 値段がとても安いこと
  • 薬理作用を持っていないため副作用もないこと
  • 目や口、粘膜などに使用しても害がないこと
  • などが挙げられます。

    使い勝手が良い割には幅広い用途があり、一家にひとつ備えておきたいものです。

    我が家では、

  • 洗顔や入浴後の保湿
  • カラダがカサついてかゆいとき
  • ひげ剃りあとの保護(ヒリヒリしなくなる)
  • こどもの引っかきキズ(生後2か月の娘は毎日顔に傷をつくる自傷姫)
  • くちびるの乾燥や荒れ
  • 手荒れや皮むけ
  • などなど実際に幅広く使えています。

    米国皮膚科学会の記事にもあるように、目や口に入っても害はないので赤ちゃんに対しても心配なく使えます。

    dsbygoogle”> style=”display:block”
    data-ad-client=”ca-pub-8546216702425546″
    data-ad-slot=”7517168318″
    data-ad-format=”auto”>

    ちなみにワセリンと言うのは総称であり、精製度が高い順に

    『サンホワイト』>『プロペト』>『白色ワセリン』

    と言う製品名になっています。

    白色ワセリンでも十分精製度は高いのですが、眼などに使う場合にはプロペト以上の精製度のものを選択すると安心です。

    ワセリン関連の記事も書いているのでごいっしょにどうぞ👇

    参考記事:劇的に早くきれいにキズを治す秘訣。痛くない簡単グッズまとめ。

    参考記事:
    【こどもにも安心】ワセリン徹底活用術

    参考記事:便利すぎる!!オトナのワセリン活用術ベストセレクション


    おすすめ記事

    劇的に早くきれいにキズを治す新常識。痛くない簡単グッズまとめ。
    【薬剤師厳選】眠気が少なくネットで買えるおすすめアレルギー薬ベスト5と選び方
    徹底攻略!!戦略を立ててPFCバランスの整った食事を習慣付ける方法
    本音でガチランキング!! #マイプロテイン のおすすめの味(フレーバー)