日々のこと

『生めかぶ』を調理するよー!!こやつ、なんて手ごわいのだ・・・

ゆりあげ港にて

朝市で買った生めかぶ。



2016-03-06-09-21-09

(でかい。)

普段お目にかかるめかぶとはまったく別人ですね。

調べてみたら、めかぶってわかめなんですね。
わかめの根本の方のもしゃもしゃした部分らしいです。

005


わかめなので基本的には洗って、茹でるだけで良いみたいです。

では、こいつを調理していきます。

茹でよう。


2016-03-06-17-36-12

ぬるっぬる!!

ガチで手でつかめない!

逃げられる!活きが良すぎ!

そして、なんとなく色が悪い。

んで、くさい。

とりあえず茎部分を切り離して鍋に突っ込みます。

そぉい!!


2016-03-06-17-55-34

お、ゆでたらいい感じの色に。
しかしまだまだヌルヌルがすごい。

とにかく洗っていきます。


2016-03-06-18-02-14

余談ですけど、この海藻のヌルヌルが「アルギン酸」と言いまして、強力な止血作用があるんです。
医療材料にも使用されています。


この記事でも少し触れました。


2016-03-06-18-07-55

このサイズ感、伝わりますかね。
朝に作ってたゆでたまご(Lサイズ)と並べてみます。

切ろう。


2016-03-06-18-02-25

刻んでいきます。
今回は嫁に全部やってもらいました。
今晩嫁は大量のめかぶの夢にうなされることでしょう。




2016-03-06-18-40-17

制覇。
デカめのタッパーにパンパン。
このままの大きさで食べて食感を楽しむもよし。
みじん切りに叩いて粘りを味わうのもいいですね。

刻んで息子にも与えます。
離乳食に混ぜたらいい具合に「トゥルっと感」がでて食べさせやすくなりましたね。
あしたのウンチにどのくらいそのまま出てくるか見ものです。


2016-03-06-23-09-00



茎部分は白だしと梅肉で漬けて。
いい感じ。

海藻天国。


2016-03-06-23-11-22


しかしながら、めかぶだけではない。
生わかめも大量に残っている。

海藻地獄はまだまだ続く。

いっその事、「大量の水溶性食物繊維の摂取が与える便への影響」を人体実験してみようかしら。