育児

しあわせ…。息子と同じごはんを食べただけなのに…。


なんでもないようなことが幸せ。ホントに。

うちの息子はじつはアレルギーがひどくて、
親と同じものを食べるというのがなかなかにむずかしいんです。

牛乳と卵白にレベルマックスのアレルギー反応が出ます。

このふたつがダメだとけっこう食べられないものが多くて困っちゃいますね。

手のかかるやつだまったく。かわいいぜ。

ヨーグルト2口食べさせたときは全身じんましんドーンでまぶたボーンなってしまいました。

ボクシングの試合後みたいな感じに。

今度アレルギー負荷試験を受けさせにいきます。

そんなこんなで普段は息子には冷凍ストックしている離乳食を食べさせるわけなんです。

でも先日は奥さんが豆乳シチューを作ってくれまして、家族3人でいっしょのものを食べたんです。

牛乳を使ってないから息子も食べられる!!
そんでもって大人が食べてもすごくおいしい!!なんかこう、やさしーい味わい。


そして買ったばかりの子供用のハイチェアに座らせて

ダイニングテーブル囲みました。

もうね、なんかこれだけで幸せ。

こたつ使ってた時は食べさせてる時もチョロチョロ動き回っちゃうもんで、一緒の食卓を囲むっていう感じにはならなかったんですよね。

言い方わるいけどペットにごはんをあたえているような感じ。

家族でテーブルを囲む。

当たり前のことだけどすごい幸せ感じます。

さらにさらに、自分が「おいしい!」って思うものを息子もおいしそぉ~に食べてくれるんですよね。

なにこれ、ちょーしあわせ。

しあわせ死にしちゃう。しあわ死。

どの家庭も積極的に同じもの食べるべきですよ。

アレルギーとかないならなおさら。

なんかこう、家族!一体感っ!!って感じでいいですね。

なにを当たり前のことを、って思われるかもしれませんが

実際にやってみてはじめて気づけたことでした。

子育ては気づかされることがたくさんありますね、ホントに。

たのしいです。

将来アレルギーが克服できていっしょに食べられるものがもっと増えたらいいなと心から願っています。

待ってるぜっ!!!


おすすめ記事
子どもがいる家庭はゼッタイ必須!!痛くせずにキレイにキズを治せる応急処置グッズ・使い方まとめ。【やけど・すりキズ・切りキズ・あかぎれ】