皮膚の話

【こどもにも安心】ワセリン徹底活用術

ワセリンは人体に対して非常に安全で、口や目に入っても無害なのでこどもにもバッチリ活用できます。

むしろこどもだからこそ活躍してくれる場面がたくさんあるのです。

ワセリンについてはこちら👇の記事でくわしく説明しています。

参考記事:劇的に早くきれいにキズを治す秘訣。痛くない簡単グッズまとめ。

大人向けの便利な使い方はこちら👇

参考記事:便利すぎる!!オトナのワセリン活用術ベストセレクション

よだれかぶれを防ぐ

小さい子は年中無休でよだれ垂れ流し放題です。かわいいのでそれはそれでいいのですが、ときたまよだれでかぶれを起こしてしまうことも。

そこでワセリン。

口の下からあごにかけて塗ります。うすくでじゅうぶんです。

ワセリンは水分をはじいて皮膚をしっかり保護してくれます。(アブラなので)

口に入っても無害だからこそ使えるテクニックです。

また、鼻の下からほっぺにかけて塗って鼻水かぶれを防ぐという応用もできます。抱っこしたときに肩に鼻水をこすりつけてきて、顔中ぐちゃぐちゃになっちゃいますからね。(肩の汚れは防げない。)

たべものかぶれを防ぐ

離乳食がはじまるといろいろなものを食べるようになり、当然のように口の周りはぐちゃぐちゃのドロドロのギャーッです。(下手したら顔全体。)

かわいいのでいいんですが、それで口の周りがかぶれることがあります。

拭き取ろうにもイヤがられちゃったり、その間に固まっちゃったり、なかなか落ちないから強くこすって拭いたら逆に皮膚を傷めてしまったり。

そこでワセリン。

食事の前に塗っておけばかぶれを防げます。なかなか取れない汚れもワセリンをよぉーくなじませてから拭き取ると落ちやすくなります。

オムツかぶれを防ぐ

小さい子はうんちの回数も多いです。こまめにオムツを変えていてもかぶれちゃうこともあります。

そこでワセ(ry

肛門まわりやオムツがこすれる部分に塗ります。毎回のオムツ替えのタイミングで塗れれば理想です。

ウンチに含まれるカンジダ菌はキズやこすれた皮膚・粘膜で繁殖しやすいです。(蒸れることもカンジダにとって好条件)

オムツの中は常に荒れていない状態を保つよう心がけましょう。

キズを治す

こちらの記事でも説明していますが、キズを治すのに大活躍です。

顔をひっかいたり転んだり。赤ちゃんって笑っちゃうほど驚異的に早い治癒力を持っていて、放っておいても一晩で「アレ?キズどこいったの?」となりますが、ワセリンを塗ってキズの乾燥を防ぐとよりきれいに早く治ります。

まちがっても消毒薬なんて塗ってはいけませんよ!

入浴後の保湿に

いちばん一般的な使い方と思われます。

冬にワセリンが冷えていると伸びが悪いので、塗る前にエアコン直下の暖かいところとかに置いておくとやわらかくなって塗りやすいです。

ココナッツオイルと1:1で混ぜ合わせても伸びは格段に良くなりますよ!


おすすめ記事

劇的に早くきれいにキズを治す新常識。痛くない簡単グッズまとめ。
【薬剤師厳選】眠気が少なくネットで買えるおすすめアレルギー薬ベスト5と選び方
徹底攻略!!戦略を立ててPFCバランスの整った食事を習慣付ける方法
本音でガチランキング!! #マイプロテイン のおすすめの味(フレーバー)