栄養

気軽にジュース飲んでませんか?多量に糖質を含む飲料の危険性。

まずはこれを。

 

この手の記事は結構見かけますね。
茶碗一杯のお米の糖質を、同量の角砂糖と並べて視覚化しているのとか。

 

これを見てよく好き好んで食べる気になれるな、って思っちゃいますねホント。

 
 

 

 

正直結構あるツッコミどころ

まずこの記事では取り上げている飲み物がコーラなので「炭酸飲料」と表現されていますが、実際は炭酸の影響でなく糖質の影響を主に解説しています。
炭酸自体の影響なんてたいしたしたもんじゃないです。 

なので、野菜ジュース でもスポーツドリンクでもエナジードリンクでもミルクティーでも、どれも同様の影響があると考えていいです。
だいたい大量に糖質が含まれてますから。
 
 

 

 

糖質以外の2つの影響

炭酸飲料は酸性なので歯のエナメル質を腐食させる

炭酸は「酸」って言葉が入ってるくらいなのでいかにも酸性とイメージできますが、実は炭酸だけが酸性の飲料というわけではないのです。
 

ph-graph1 (1)

 

これは東京都福祉保健局 健康安全研究センターが測定した、市販飲料の酸性度の結果です。

 

pHは低いほど酸性度が高いです。
エナメル質はヒドロキシアパタイトとよばれるリン酸カルシウムでできています。
これはpHが約5.5以下になると急激に溶け出すと言われています。
 
表を見ると、多くの飲料は酸性であることがわかります。
 
さらにはワインや柑橘系の果物、ポン酢やドレッシングなんかも酸性度が高い食品です。
 
 
となってしまいますが、大丈夫です。

 

 

一度酸性に傾いた歯は、唾液の働きによって正常な状態へと戻っていきます。
唾液は中性から弱アルカリ性でなので酸を徐々に中和するわけです。
 
気をつけるべきは長時間ダラダラと歯を酸性にしないこと、唾液で中和される前の弱った直後の歯をゴシゴシ強く磨いたりしないことです。
 
 
まぁ炭酸飲料に限らないことですが、特に酸性度が強いので気をつけましょう、ということです。

 

 

コーラにはカフェインも

さらにコーラの場合だとカフェインの影響もプラスされるわけですが、これは過量にならなければ特に問題とはならないでしょう。
カフェインはコーラにしか含まれないわけではないですし。

 

 

人工甘味料についてはこう考える

さらに人工甘味料についてですが、これも過度に取りすぎなければ問題はないと考えます。
人工甘味料には有害性があるといわれており、それは事実なのだと思います。
しかし、日常的な量で摂っていれば危険性は少ないわけです。
 
つまり、ほぼ安全だけどもしかしたら有害かもしれない人工甘味料と、

明らかな有害性を持つことがハッキリしている砂糖とどちらを選ぶか、ということです。

 
私はそれなら人工甘味料を選びます。
 
人工甘味料はジュース以外にもいろんな食品に使われているのですでに避けられていないわけですし。
あまり心配はしないです。
 
 
水だって大量に飲むと死に至ります。
だからといって「水は有害だ!」といって飲まないという選択はしないはずです。
有害性だけに目を向けてしまうということは、こういう判断をしてしまい得るということです。
 
 
取捨選択の判断を誤らないことが大事です。
 
 
さらに言うと、仮にこの記事にあるように人工甘味料を摂ると食欲がより旺盛になったとしても特に問題だとは思いません。
食欲が旺盛になること自体はたいしたことではないからです。
満足いくまでいっぱい食べればいいだけです。
、ということですよね。
 
 

 

 

 

ジュースはみんなもっと気をつけるべき

気軽に飲み過ぎですよ

 
やはり何と言っても糖質の量ですね。
一缶で46g分の糖ですよ!
「1日30分で年2億ですよ!」みたいになりましたが。

(調べてみたら日本のコカ・コーラ100mlあたりの炭水化物量は11.3gでした。ほぼほぼ糖質だと思うので一缶350mlだとすると39.55gですね。海外製品は一缶の量が多いのか含有糖質量が多いのかなのでしょうか。)

 

 
過度に低血糖を起こした時は命の危険にもなり得るのでいち早く血糖を高めるのが必須なのです。
 
その点、液体であるジュースは固体と違ってマッハで小腸まで到達してくれます。
さらに含まれる糖質がブドウ糖であれば、消化酵素によって多糖からブドウ糖まで分解するタイムロスも防げて最高ですね。
飲んだら速攻で血中に糖を放ってくれますよ。やったね!
 
 
ということで、インスリンやSU剤を使っている皆さまはファンタグレープを持ち歩きましょう。
ブドウ糖量はハンパなく多いですから。
命が救われるかもしれませんよ。
 
 

 

 
 

 

 
 
 

大げさな話なんかではない

記事の動画の作風で大げさな表現に感じるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

 
例えば、がん、認知症、精神疾患など様々なことへ血糖の乱高下による酸化ストレスが影響すると言われています。
 

 

 

ジュースは甘いのでまだ「ジュース→糖」と結びつけやすいと思います。
これが形を変えてお米やパンとなってしまうと「炭水化物→糖」と連想しにくくなります。

最終的にはブドウ糖として体内へ吸収される点はどちらももちろん同じです。

飲料に限らず糖質を多く含むものを過剰に摂取すると、コーラと同様の影響があると考えるべきなのです。
 

結論

 

 

 

おすすめ記事
子どもがいる家庭はゼッタイ必須!!痛くせずにキレイにキズを治せる応急処置グッズ・使い方まとめ。【やけど・すりキズ・切りキズ・あかぎれ】