栄養

「糖質制限」という言葉が持つイメージとは。呼び方を変えても本質は同じ。

まずは糖質制限、糖質制限食を示す言葉として、

・糖質制限
・糖質オフ
・糖質カット
・炭水化物抜き
・低炭水化物
・ローカーボ
・ロカボ
・ケトジェニック
・ケトン食
・修正アトキンス食

ざっとこんなとこでしょうか。

それぞれ厳密な内容だったりニュアンスは異なりますが、糖質摂取を少なく抑えるという根本部分を持つという点では同一と捉えてよいでしょう。

「ダイエット」という言葉を付け加えるかどうかでもさらに呼び方は増えますね。





呼び方がたくさん存在している理由

単に糖質制限の概念が比較的新しいものなので呼び名がまだ統一されていない、ってのもあるかとは思いますがもう少し深く考えてみます。



「ある一定の範囲の中に押さえつける」という意味を持ちます。

よって「糖質制限」という言葉にはガマン、抑圧、食べられない、といったネガティブなイメージがついてきてしまう場合があります。


なのでこのマイナスイメージを持たせたくない場合、つまりは糖質制限をまだ知らない人たち向けに広く普及させることを目的とする場合は「糖質オフ」「ローカーボ」などの柔らかイメージのワードを使うほうが適切でしょう。
例えば多くの人に広く読んでもらうことを目的とするような雑誌の特集とかダイエット記事などです。

いきなり「制限」という表現を使用してしょっぱなから悪いイメージを持たせてしまうと、
「食べたいものを抑制しなければならないのか・・・」とネガティブイメージが先行していまいそれ以上理解しようとすらしてくれない場合だって多いと思います。
門前払いするようなもんです。

ソフトな表現を使い、そして内容としては糖質を抑えなきゃいけない、という「ガマン」の方向よりは、タンパク質・脂質は好きにとっていいよーという「許容」の方向に説明の重きを置きつつ糖質を摂らないことへの不安感を拭ってくれるような内容ならなお良いでしょう。






糖質が生化学的にどのように作用してどんな影響を及ぼすのかということを認識できている人にとっては、「制限」という言葉を用いても悪いイメージにはならないはずです。

むしろポジティブな良いイメージを持つ場合だってあると思います。

悪い影響を及ぼすものを制限するわけですから。
マイナスのマイナスはプラス、みたいな。
反対の反対は賛成なーのだ、みたいな。


つまり「糖質制限」という言葉を聞いて、む?というような違和感を覚える人は「ホントは糖質を摂っていたい・・・」「糖質を摂らないことはホントは体に良くないんじゃないか?」というような事が意識の中にあるということなのでしょう。









余談

ちなみに私はもっぱ「糖質制限」という表現の仕方をします。


糖質制限の本質、より深い科学的な部分をもっと学んで共有していきたいのです。

未だ糖質制限を知らない人たちへ広く普及させていきたいとはあまり思ってはいません。
もし興味を示すのであれば丁寧に教えたいとは思いますが。

なんでまあ正直どの呼び方でもいいんですがね。






さらに余談ですが糖質制限を実践する人をなんて表現しますか?


「糖質セイゲニスト」の呼び名の発案者である夏井睦先生は医師の鎧を剥ぐと中身は「ピアニスト」なのでこの呼び方がしっくりくるのだと勝手に思っています。

他は「糖質ダイエッター」とか?
ダサい。
「糖質カッター!」
強い。
「糖質トランジスタ」
悪くない。



しかし私はもしくはでいこうかなと思います。

なんとなくかっこよくないですか。



おすすめ記事
子どもがいる家庭はゼッタイ必須!!痛くせずにキレイにキズを治せる応急処置グッズ・使い方まとめ。【やけど・すりキズ・切りキズ・あかぎれ】