ながらく続けていた糖質制限を完ペキにやめました。


とくに制限がつらかったから、というわけでありません。

一生続けようと思えば可能です。というか一生続けるつもりでいました。

糖質制限食こそが人間が健康でいられる食事だと思っていたからです。

実際、食習慣としての糖質制限が完全に身についていました。


糖質制限をして目に見える体調不良が起きたから、というわけでもありません。

むしろメタボだった体型はかなりスッキリしました。

太ももがパツパツで履けなかったパンツが履けるようになり、ベルトの穴も3つ4つズレました。

長年デブしていたのでこれはうれしかったですね。

やせただけでなんか無敵になれたような気がしました。


しかし、とあることで目が覚め、しっかりとした理由と目的を持ち固い意思のもと糖質制限をやめました。

現在は炭水化物は意識的に摂るようにしています。

当たり前ですが、炭水化物ばかりを無制限に食べるというわけではありません。

食事の内容が健康を大きく左右するという考えは今も変わっていません。

そして筋トレをはじめました。


ぼくは糖質制限に対する認識を大きく間違えていました。

「自分の頭で考えることが大切」とか言っておきながら自らそれを放棄してしまっていました。

情けない限りです。


これに伴い、ブログタイトルや今後の記事の内容を変更します。

無責任な糖質制限論などの垂れ流しは一切やめて、生化学から勉強しなおしです。

ひとまずは生粋の運動ギライでドがつくほどの初心者へっぽこ筋トレ日記でもお送りします。


以前の記事を残しておくことは正直のところかなり恥ずかしいのですが、自分への戒めの意味も込めてそのままにしておきます。

今思ってみれば「なに言ってんだこいつ」というイターい内容ばかりです。