b842a0b4a1650d36576ffa81604edcfd_s

暑くなると汗が不快ですね。じっとりと、べったりと。案外ストレスです。

個人的にはデコ汗をかきやすくて前髪がぴたーッとなってしまうのが憎いです。あんちくしょう。

背中の汗もイヤです。シャツがはりついて気持ち悪いぃ。ワキ汗は人並み程度だと自負しています。


制汗剤が今までのスタンダード


キャプチャ ズラーっと

制汗剤は星の数あれど、本当に効果があるものはごく一部だけ。


においを抑える「消臭効果」と、汗が出てくるのを抑える「制汗作用」。

どちらの作用もしっかり持っているものがいいですね。

消臭効果だけをしっかり持っていても、汗そのものが出てしまってはべたべたになって気持ち悪いです。



ほんとに汗が止まっちゃう!!


この「パースピレックス」という薬のすごいところは、文字の通り『ホントウに汗が出てこなくなる』こと。パウダーでサラサラ感をあたえたり、いい匂いでごまかすのとはわけが違います。


汗そのものを止めるのです。汗が出なければもちろん汗のにおいは起こりません。


成分は「塩化アルミニウム」というもの。これが結晶化して、汗が出てくる通り道である『汗腺』に『フタ』のはたらきをすることで汗をかかないようになるのです。



使い方


image
先端がボール状になっていて直接塗ることができます

寝る前に汗が気になるところに塗ります。入浴後などの、皮膚がなるべくクリーンなタイミングがベスト。

そして翌朝には塗ったところを洗うか濡らしたタオルなどで拭きとります。

早い場合は1回の使用で目に見える効果があらわれてくれます。しっかり効いてきたら毎日使う必要はなく、1日おき→3日に1回と使う回数は減らすことができます。


実際に使ってみて

商品はワキ用とは書かれていますが、人体実験のつもりでかぶれる覚悟で額に塗ってみましたが特にかぶれたり強いかゆみが起きることはありませんでした。

そしてうれしいことに一度塗っただけで効果はバッチリ。汗はほとんど出なくなりました。毎日塗らなくて済むのはとても楽でいいですね。2,3日に1回、汗が出やすくなったなと思ったタイミングくらいで使えば十分でした。


ご購入はyahooで

「パースピレックス」はデンマーク製のものであり、以前はamazonでも購入できたのですが現在は取り扱いがなくなっています。個人輸入のサイトでの購入も可能ですが、yahooショッピングで取り扱いがあるのでこちらを利用するのが楽でしょう。

「パースピレックス」は現在amazonでは購入できませんが、同成分の『塩化アルミニウム』が含まれている制汗剤はいくつか存在しています。これらをためしてみるのも良いでしょう。



ワキの下サラサラ!【デトランスα】
↑こちらは「パースピレックス」と同じ成分です。


注意

塗った部分にかゆみが起こることがあります。夜に塗って翌朝まではそのままにしておく必要がありますが、ガマンできないかゆみが起きてしまう場合は洗い流しましょう。

まずはかゆくなっても支障が少ない腕などの部分に少量だけ塗って様子をみるのが賢明でしょう。かゆくなるけどどうしても使いたい場合は、塗る量を減らす、または使う間隔をあけるようにするのが良いでしょう。


また、皮膚は排泄器官であり汗・老廃物・皮脂・角栓などなどを体外へ排出します。

そして発汗することで体温を調節しています。カラダは汗を出す必要があって汗を出しているわけなので、ホントウは止めるべきものではありません。

あまりに広範囲の汗を止めてしまうと熱がこもり、本来の体温調節に影響を与えてしまう場合があります。よって使用は最小限の範囲に、必要な時期だけにするのが適切でしょう。



おすすめ記事

劇的に早くきれいにキズを治す秘訣。痛くない簡単グッズまとめ。
糖質制限からみえる新しい栄養学